確実なパッティングで100切りゴルフ

(PR)

パッティング基礎知識

パッティングはゴルフにおいて非常に重要な要素であり、スコア向上に直結します。この記事では、初心者でも理解できるようにパッティングの基本を紹介し、100切りゴルフを目指す際に役立つ情報を提供します。

確実なパッティングで100切りゴルフ
パッティングはゴルフにおいて最も頻繁に行うショットであり、その正確性がスコアに大きな影響を与えます。パッティングでの自信をつけることは、100切りゴルフへの第一歩です。まずは基本的なパッティングフォームやクラブの使い方を確認しましょう。

「パッティングに型無し!」は本当か
一般的に、「パッティングに型無し!」と言われることがありますが、これはある程度事実です。しかし、初心者にとっては基本的なフォームやアプローチが重要です。無理に型を押し付けるのではなく、自分に合ったスタイルを見つけることが大切です。

パターマットおすすめ|自宅練習でパッティング上達
自宅での練習は上達に大いに寄与します。効果的な自宅練習方法を探ります。これらのマットを利用して日常的に練習することで、確実なパッティングを身につけましょう。

パッティングの意識を変える
パッティングの成功には意識の変革が必要です。グリーン上での読み方やスイングにおけるポイントなど、3つの重要な要素を押さえることで、確実なパッティングが可能となります。これらのポイントを理解して、実践に移しましょう。

100を切れないすべてのゴルファーにおすすめです。


雑誌で話題になった5ラウンド以内に80-90 台にならなかったら全額返金します。との事です。


たった3年間で189人の教え子をシングルに導いたカリスマ 小原大二郎プロの7日間シングルプログラムの待望のver.3.0がでました。


100切り最速ゴルフ上達プログラム

 


↑↑↑詳細はこちら

パターマット練習

パターの練習は、ゴルフにおいてスコア向上に直結する重要な要素です。この記事では、初心者でも理解できるように、パターマットを使った効果的な練習方法を紹介します。

1. 100切りにはパターが一番大事!3、4パットする人が考えるべき2つのこと
100切りを目指すゴルファーにとって、パターのコントロールは極めて重要です。3、4パットすることが多い人は、まずフォーオーバーゼロ(FOZ)と呼ばれる状態を意識しましょう。

これは、1つのホールで4パット以上しないようにすることで、スコア改善につながります。また、距離感のコントロールも大切です。パターの振り幅やスピードを調整し、安定したパットを目指しましょう。

2. ショートパットは方向性を重視
ショートパットでは、特に方向性が重要です。ボールを正確にカップに向けて打つことが求められます。パターマット上での練習では、直線的なラインを意識してボールを転がすことで、方向性の向上を図りましょう。ショートパットの成功は、コース上でのスコアに大いに影響します。

3. ロングパットは歩測で距離感をつかもう
ロングパットでは、正確な距離感が求められます。パターマット上での練習においても、歩測を活用して距離感を身につけることが重要です。まず、カップまでの距離を歩いて測定し、それに合わせてパットの強さを調整します。これにより、実際のコースでのロングパットでの成功率が向上します。

パターマットを使った練習は、コース上でのパッティングに直結するため、効果的です。フォーオーバーゼロの意識と距離感のコントロールを重点的に行い、パッティングの安定性を向上させましょう。これにより、100切りゴルフへの一歩を踏み出すことができます。

パターの重要性

ゴルフのコース上でのスコア向上において、パターは非常に重要な役割を果たします。パターは、ラウンド中の各ホールで使うクラブであり、その使い方が上手くなることで、1ホールごとにスコアを大幅に改善することが可能です。

1. パターは毎ホール使うクラブだよ?
パターは、ゴルフのクラブセットの中で唯一、各ホールで必ず使われるクラブです。ドライバーやアイアンが飛距離を稼ぐのに対し、パターはグリーン上でのプレーに特化しています。そのため、パットの技術向上はラウンド全体のスコアに大きな影響を与えます。

2. 超重要!1ホールで1打減らせば1ラウンドなら18打減る
ゴルフは18ホールで構成されています。もし1ホールで1打減らせる技術を身につけることができれば、それは1ラウンドで合計して18打もスコアを改善できることを意味します。つまり、パターの技術向上は全体のスコアに対して劇的な変化をもたらします。

3. パター練習1「スイングを固定しよう」
パターの練習において重要なのは、スイングを一定に保つことです。スイングがブレると、ボールの軌道が不安定になり、パットが安定しづらくなります。初心者はまず、リラックスしたが確固たるスイングを心掛けましょう。これにより、ボールを安定して目標に向かわせることができます。

4. パター練習2「ラインの読みより距離感を養う」
パッティングにおいて、ラインの読みよりも距離感がより重要です。正確な距離感を持たないと、ボールがカップに届かなかったり、逆にオーバーシュートしてしまうことがあります。距離感を養うためには、パッティングの強さをコントロールする練習が必要です。パターマット上での練習を通じて、様々な距離でのパットを成功させる技術を身につけましょう。

パターの重要性を理解し、スイングの安定性と距離感の向上を重点的に練習することで、ゴルフのスコア改善に大きく寄与します。毎ホール使うクラブだからこそ、丁寧な練習と注意が必要です。

パットのテクニック

ゴルフにおいて、ショートゲームの一環であるパットは、スコアを左右する重要な要素です。パットのテクニックを向上させるためには、自分の癖や得意不得意を知り、効果的な練習を行うことが必要です。

3パットになってしまう自分のよくあるパターンを知る
3パットはスコアを悪化させる大きな要因です。まずは自分がよく陥る3パットのパターンを知りましょう。例えば、距離感をつかみきれない、ラインを読み違えるなど。これを理解することで、具体的な改善点が見えてきます。

フック・スライスのどちらが得意?どちらが不得意?
パットにおいても、フック(左に曲がるボールの動き)やスライス(右に曲がるボールの動き)の癖が影響を与えます。自分の得意なラインを把握し、ボールがどのように動くかを理解することで、ラウンド中に適切な補正が可能となります。

0ライン(ゼロ)・プロライン・アマラインを意識しよう
パット時には、0ライン(ゼロ)やプロライン、アマラインなど、ボールの進行方向に関するラインを意識しましょう。これにより、ボールの軌道やブレを最小限に抑え、より正確なパットが可能となります。

ショートパットの練習方法
ショートパットはスコアに直結するため、重点的な練習が必要です。パットの基本姿勢やスウィングの一貫性を確認し、ボールを安定して穴に運べるよう練習しましょう。

ロングパットの練習方法
ロングパットは距離感が難しいため、練習が欠かせません。パッティンググリーン上で様々な距離のパットを繰り返し行い、距離感を身につけましょう。また、ボールの動きに対する感覚も大切です。

自分に合ってるパター選びとは?
パターは個人差があります。自分のスタイルや感覚に合ったパターを見つけることで、パットの安定性が向上します。試し打ちを通じて、自分に合ったフィーリングやヘッド形状を見つけましょう。

パットの心得

ゴルフのスコア向上において、パットの技術向上は非常に重要です。特に「ロングパットの上達」が100切りへの一番の近道と言えます。どのようにすればロングパットを克服し、スコアを改善できるのでしょうか。

100切りの一番の近道は「ロングパットの上達」にある!
ゴルフにおいて、100切りを達成するためにはロングパットの上達が重要です。なぜなら、ロングパットでの安定感がスコアに大きな影響を与えるためです。カップから遠く離れた位置からボールを効果的に寄せることで、パーオンの機会が増え、スコアも改善されます。

打つ前に必ずカップを見たまま素振りして、距離感のイメージを高める
ロングパットを打つ前には、必ずカップを見たまま素振りを行いましょう。これによって、カップまでの距離感を身につけることができます。イメージを高めることで、正確なパットが可能となります。

歩測してカップまでの正確な距離を知ることも大事なポイント
カップまでの距離を正確に測ることも重要です。歩測を行い、目測ではなく実際の距離を知ることで、打つ際の力加減やクラブの選択に正確さが生まれます。正確な距離感を把握することで、ボールを効果的に寄せることができます。

ロングパットはカップを見て素振りすればカップに寄せやすい!
ロングパットを効果的に寄せるためには、素振りの際にカップを見ることがポイントです。カップに対して意識を向け、素振りを行うことで、ボールの軌道やスピードをコントロールしやすくなります。これによって、より正確なロングパットが可能です。

ロングパットの上達は100切りへの近道。正確な距離感と視点を意識して、効果的な練習を重ねましょう。

パット数とスコアの関係

ゴルフにおいて、100切りを達成するためにはパットの上達が重要です。特にパット数を40切りにすることが目指すべき目標の一つです。では、パット数とスコアの関係について考えてみましょう。また、パット上達に必要なコツについても紹介します。

100切りではパット数40切りを目指そう
ゴルフのスコア向上において、パット数は非常に重要な要素です。特に100切りを目指すなら、パット数を40切りにすることが効果的です。これは、アプローチやティーショットなど他のプレーによるミスをカバーするうえで、安定感があります。パット数の削減はスコア改善への最短の道といえます。

パット上達に必要なコツ3選
パットの上達にはいくつかのポイントがありますが、特に以下の3つのコツが重要です。

1. 距離感
パットの際には、ボールを穏やかにカップに転がすことが重要です。正確な距離感を身につけるためには、素振りや距離の目安を練習することが効果的です。距離感が合えば、ミスパットの減少につながります。

2. 傾きを読む
グリーンは起伏があり、傾斜を正確に読むことがパットの成功につながります。ボールの軌道が傾斜に影響されることを考慮し、どのように打てば傾斜を利用できるか学びましょう。

3. 狙いの方向にまっすぐ打ち出す
パットは直線的な動きが求められます。ボールが予定外の方向に動くことを防ぐために、狙った方向にまっすぐ打ち出すことが重要です。慎重なアドレスと正確なストロークが求められます。

これらのコツを実践することで、パットのスキルが向上し、スコアも改善されるでしょう。地道な練習を通じて、パットの技術を磨いていきましょう。

パットのマネジメント

ゴルフにおいて、パットのマネジメントはスコア向上において重要な要素です。初心者でも理解しやすいように、パットに必要なマネジメントのポイントを紹介します。具体的には、のぼりのラインを残す、2メートル以内はカップインを狙う、2メートル以上は寄せる意識を持つことが大切です。

パットに必要なマネジメント
パットはゴルフにおいてスコアを左右する非常に重要なショットです。パットのマネジメントは、ゴルファーがどのようにアプローチし、ストロークを行うかによって大きくスコアが変わります。以下に、初心者でも取り組みやすいパットのマネジメントについて説明します。

のぼりのラインを残す
パットをする際、ボールがカップに向かって転がるラインを考慮することが大切です。このラインを「のぼりのライン」と呼びます。初心者は、グリーン上でのぼりのラインを残すよう心がけましょう。これにより、ボールがカップに入りやすくなります。

2メートル以内はカップインを狙う
パットの中でも、特に2メートル以内のショートパットはカップインを狙うことが重要です。短い距離でも確実にパットを決めることで、スコアの安定感が増します。慎重なアプローチと正確なストロークで、自信を持ってカップに向かって打ちましょう。

2メートル以上は寄せる意識で
一方で、2メートル以上のロングパットでは寄せる意識を持つことが重要です。遠くのカップまで一発で入れることは難しいため、安全に寄せることで次のショットにスムーズに進めます。ラインやグリーンの傾斜を考慮しながら、確実に寄せるストロークを心がけましょう。

これらのパットのマネジメントポイントを意識することで、初心者でもスコアの向上が期待できます。慣れていない方も、地道な練習と共にこれらのテクニックを身につけ、ラウンドで実践してみてください。

コースでのパッティング

ゴルフの醍醐味の一つであるコースでのパッティングは、スコア向上に直結する重要な要素です。初心者でも理解しやすいように、コースでのパター上達方法について紹介します。具体的には、練習グリーンでの距離感合わせ、ショートパット練習、本番グリーンでの歩測、傾き読み、打つという3つのポイントです。

練習グリーン:距離感合わせ
パッティングの一番のポイントは、ボールをどれだけの力で打てば目標地点に到達するかを正確に把握することです。練習グリーンでのパッティング練習では、様々な距離のパットを打ち、地面の感触と目標地点との距離感を合わせましょう。これにより、実践の際に安定したパットが可能になります。

練習グリーン:ショートパット練習
ショートパットはスコアに直結するため、特に注意が必要です。練習グリーンでショートパットの練習を積むことで、カップへの自信がつきます。少ないストロークで確実にショートパットを決めることで、ラウンド中に有利なスコアを叩くことができます。

本番グリーン:歩測→傾き読む→打つ
本番のグリーンでは、まず歩測を行います。カップまでの距離を正確に測り、次にグリーンの傾きを読み取ります。地形や芝の状態によってボールの動きが変わるため、正確な傾きの読み取りが重要です。最後に、目標地点に対して適切な力でボールを打つことで、パットの成功率が向上します。

これらのパッティングのポイントを意識して練習することで、コースでの実力が飛躍的に向上します。地道な練習を通じて、スコアを着実に改善していきましょう。

上達へのアプローチ

ゴルフの上達は、地道な努力と賢い練習から生まれます。初心者でも明日から実践できるアプローチを紹介します。まず、スコア100切りを目指すなら、今日からできることを取り組むことが大切です。

最強のパター練習方法
パットはスコアに大きく影響するため、練習法には工夫が必要です。まず、ティッシュ箱を活用してスクエアなインパクトを身につけましょう。これにより、ボールを正確に打つ技術が向上します。次に、ボールを見ずにカップだけを見て打つ練習を行い、目標に対して集中力を高めます。ボールの位置を左目の真下に置くことで、視覚的な安定感が生まれ、スイングが安定します。

厳選パター練習法6選
シングルプレーヤーが知っている、平均パット数を3打減らす練習法を厳選してご紹介します。これらを実践することで、パットの安定感が向上し、スコアアップに繋がります。

上達へのアプローチは、継続的な努力と正しい練習法が不可欠です。日々のプレーに取り入れやすい方法から始め、徐々にレベルアップを目指しましょう。

パット数の限界挑戦

ゴルフではスコアの中でも特にパット数が重要です。しかし、初心者がパット数にこだわりすぎると逆にスコアに悪影響を及ぼすこともあります。ここでは、パット数の限界に挑戦し、上達への第一歩を踏み出すアプローチについて考えてみましょう。

100切りはパット数40オーバーでも可能です
100切りを目指す際、パット数にこだわりすぎることなく、全体の戦略を見据えることが大切です。パット数40オーバーでも、他のショットでの補完やボギーオンの成功によって、90切りが可能なケースもあるのです。

パット数42でも90切りした話
実際のケースとして、パット数42で90切りを達成したゴルファーも存在します。この成功の要因は、ボギーオンやアプローチショットの精度向上にありました。スコアを向上させるためには、単にパット数を減らすだけでなく、総合的なスキルアップが求められるのです。

100切りはボギーオンが鍵
パット数だけにこだわるのではなく、ボギーオンの成功が100切りにつながります。アプローチやセカンドショットの精度向上が、グリーンに対するパットの難易度を下げ、パット数の増減に大きく影響します。

パット数にこだわると失敗する話
一方で、パット数だけに固執しすぎると、他のスコアメイクのチャンスを見逃してしまうことがあります。ゴルフは状況に応じて臨機応変に対応するスポーツであり、全体の戦略を見失わないように心掛けましょう。

パット数を減らすための「第一歩」
パット数を減らすための第一歩は、正確な距離感やグリーンの傾斜を理解することです。スイングの安定性やセンスを向上させるためには、練習と経験が欠かせません。地道な努力を続け、徐々にスキルを向上させていくことが、パット数の限界挑戦の鍵です。

パターの特性

ゴルフにおいて、100切りを達成するためにはパットの特性を理解し、その上で効果的なアプローチをとることが重要です。以下に、初心者でも分かりやすいようにパターの特性や上達に役立つポイントを解説します。

100切りゴルファーのパット数
100切りゴルファーとは、ラウンド中に100を切ることのできるゴルファーのことです。その中でもパット数は、スコア向上に直結する要素となります。

36パットを目指す
ゴルフラウンドでの目標として、36パットを切ることが挙げられます。これは18ホールのラウンド中に、2パット以内でボールをカップに収めることを意味します。

パット数を減らせばスコアが良くなる
パット数が減るほど、スコアは良くなります。パットはスコアを左右する大きな要素であり、効果的なパット練習が重要です。

3パットを減らす
パット数を減らすためには、特に3パットを減らすことが重要です。長いパットやアプローチショットでのミスが3パットを招くことが多いため、この点に焦点を当てましょう。

パット数が減らせる位置にボールをつける
グリーン上でボールを置く位置にも工夫が必要です。パット数が減らせるより良い位置にボールを置くことで、パットがしやすくなります。

パターは自宅でも練習できる
パターは自宅でも手軽に練習できます。毎日少しずつ練習することで、感覚やコントロールが向上します。

パターはヘッドスピードが速い遅い関係ない
パターは他のクラブと異なり、ヘッドスピードが速い遅いはあまり関係ありません。安定感と正確性が重要です。

パターは感性が必要
パターは距離感や傾斜の読み取りなど、感性が必要です。経験を積みながら感覚を磨いていきましょう。

パターでカップインするからこそスコアが作られる
パターでカップインすることがスコア向上に直結します。正確なパットがスコアメイクの鍵です。

パターの上達が要
パターの上達は100切りを達成するために欠かせません。継続的な練習と経験を通じて、自身のパットスタイルを見つけましょう。

3パット撲滅、パット数減らすのは今後も大切
3パットを撲滅し、パット数を減らす努力はゴルフライフ全体において重要です。日々の練習を通じて、パットの安定性を向上させましょう。

100切りの道

ゴルフで100切りしている人はどれくらいいる?
ゴルフでスコア100切りを達成することは、初心者や中級者にとって一つの重要な目標です。しかし、実際にこれを達成するゴルファーは意外に少ないのが現実です。なぜなら、スイングの安定性やコースマネジメント、戦略的なプレーなど、多くの要素が組み合わさって初めて100切りが可能になるためです。

100切りの難易度は高い?
100切りの難易度は高いと言えます。これは、ゴルフが単純にボールを打つだけでなく、各ホールごとに異なる状況に対応する能力が求められるためです。さまざまなクラブを使い分け、正確なショットやパットを行う必要があります。初心者にとっては、これらの技術を一気に身につけることが難しく、時間と努力が必要です。

100切りするにはどんなマネジメントが必要?
100切りを目指す際に重要なのは、コース全体を戦略的にプレーするマネジメント能力です。

例えば、ドライバーショットで飛距離を求めすぎず、フェアウェイを狙うことや、難しいラフからボールを出す技術などが必要です。また、グリーン周りでのアプローチやパットにおいても、慎重かつ計算されたプレーが必要です。

100切りするためのパット数は?
100切りを達成するためには、パット数のコントロールが欠かせません。パター練習は非常に重要で、スイングの固定性と距離感の向上が求められます。例えば、3パットを避けることができれば、ホールごとに2打減らすことができ、18ホールで36打もの大幅な改善につながります。

100切りのパーオン率は?
100切りを目指す際に注目すべき要素の一つがパーオン率です。これは、グリーンにボールを1打で運ぶ成功率を示します。初心者が100切りを目指す場合、最初はパーオン率よりもフェアウェイをキープすることが重要です。安定したフェアウェイ到達ができれば、次第にパーオン率も向上していきます。

100切りのOB回数は?
OB回数も100切りにおいて重要なポイントです。OBに出てしまうと、追加のストロークが発生し、スコアを崩す原因となります。初心者はまず、安定したスイングや正確なクラブ選択を重視し、OBを避けることが大切です。

100切りにパター練習は必須。スイングを固定し距離感を覚えよう ゴルフでの100切りは初心者にとって大きな目標ですが、スイングの安定性やマネジメント、パットの技術向上など、様々な要素が組み合わさって成り立っています。

特に、パター練習は欠かせず、スイングの固定と距離感のコントロールが成功への鍵となります。コツコツと練習を積むことで、初心者でも確実に向上していくでしょう。

100切りするための練習方法

ゴルフで100切りを達成するためには、効果的な練習方法が必要です。特に、10ヤード刻みのアプローチの特訓、短い距離でのパター練習、そしてフィニッシュまで振り抜く練習が重要です。

1. ゴルフで100切りするための練習方法
ゴルフでスコア100切りを達成するには、スイングの安定性とショートゲームの精度が不可欠です。最初に重点を置くべきは、スイングの一貫性を確保することです。スイングが一貫していると、ボールの方向性や飛距離のコントロールが向上し、スコアに直結します。練習では、基本的なフォームから始め、リラックスしたが確固たるスイングを身につけましょう。

2. 10ヤード刻みのアプローチの特訓
ゴルフコース上でのアプローチショットは、スコアを左右する重要な要素です。特に10ヤード刻みでのアプローチの特訓は、ピンに対して正確な距離感を身につけるのに役立ちます。短いアプローチでは、ピンまでの距離を正確に測り、適切なクラブを選択することがポイントです。繰り返しの練習を通じて、様々な距離に対応できるスキルを磨きましょう。

3. 短い距離でのパター練習
パッティングはゴルフにおいて非常に重要なスキルです。短い距離でのパットは特にスコアに影響を与えます。練習では、10フィート以下の距離でのパットを中心に取り組みましょう。目標は一定のスイングとボールの軌道を確立することです。また、グリーンの傾斜や速さにも慣れるために、様々な位置や条件での練習が必要です。

4. フィニッシュまで振り抜く練習
スイングの完成度は、フィニッシュまでしっかりと振り抜くことによって向上します。クラブを完全にフィニッシュさせることで、ボールに正確なスピンや飛距離を与えることができます。練習では、スイングの最後まで力強く振り抜くことを心掛け、コース上での実践にも繋げましょう。

100切りを達成するためには、これらの練習方法を組み合わせて継続的に取り組むことが重要です。

女性ゴルファーのためのアドバイス

女性ゴルファーの方々に向けて、ゴルフでのスコア100切りに対するアドバイスをご紹介します。初心者でも理解しやすいように、専門用語や難しい話は避けつつ、重要なポイントを分かりやすく解説します。

1. ゴルフで女性が100切りするのは難しい?
ゴルフでのスコア100切りは、性別に関係なく一般的に難しい目標です。初心者や中級者にとっては特に挑戦が大きいかもしれませんが、達成可能です。女性ゴルファーが100切りを目指すことは、スイングやコースマネジメントの向上が必要です。

2. 女性が100切りするにはアプローチとパターの技術はマスト
スコア100切りを達成するためには、特にアプローチショットとパッティングの技術向上が不可欠です。アプローチショットでは、ピンに対して正確な距離感を身につけることがポイントです。また、パッティングにおいては、短い距離から長い距離まで様々なパットに対応できるように練習が必要です。

3. 女性が100切りするコツ
100切りを目指す女性ゴルファーにお勧めのコツは、コース全体を戦略的にプレーすることです。無理なショットを避け、フェアウェイやグリーンに安定してボールを運ぶことが大切です。また、自分の得意なクラブやショットに自信を持ち、リラックスしたプレーを心掛けましょう。

4. 女性が100切りするために必要な練習量は?
練習量は個人差がありますが、女性が100切りを達成するためには、定期的で計画的な練習が重要です。週に数回の練習や、ラウンドの合間に特定のスキルに焦点を当てたトレーニングが効果的です。アプローチやパッティングに時間をかけ、実際のプレーに活かすことで、スコアの向上が期待できます。

女性ゴルファーの皆さん、100切りは挑戦的な目標かもしれませんが、地道な練習と冷静なプレーによって確実に近づけるものです。楽しみながら取り組んでいきましょう。

ゴルフの初心者向け

ゴルフは奥深いスポーツで、スコア100切りを達成することは初心者にとって一つの大きな目標です。では、ゴルフを始めてからいつくらいで100切りが可能になるのでしょうか?また、半年での達成は可能なのでしょうか?

ゴルフを始めて100切りできるのはいつ?
ゴルフでのスコア100切りは、個人差が大きく、一概に言えるものではありません。初心者が100切りを達成するまでの時間は、その人の適応力や練習の取り組み方に依存します。基本的なスイングやクラブの使い方、コース戦略を理解し、安定したプレーができるようになるまで、それぞれのペースがあります。

ゴルフを始めて半年で100切りは可能?
半年でのスコア100切りは、非常に難しいと言わざるを得ません。ゴルフは繊細な技術と戦略が絡み合うスポーツであり、それらを習得するには時間がかかります。半年のうちに基本的なフォームやクラブの使い方をマスターすることはできますが、それだけでは十分ではありません。スコア100切りには様々な要素の組み合わせが必要で、実践的な経験が欠かせません。

少しでも早く100切りしたい方はゴルフスクールに通うのがおすすめ
ゴルフスクールは初心者にとって非常に有益な場所です。プロの指導を受けながら基本から応用まで学ぶことができ、効果的な練習方法やコース攻略のヒントを得ることができます。スクールでの指導は、初心者が陥りがちな誤った練習方法を防いでくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする